MENU

予防接種について

vaccination

vaccination予防接種について

予防接種とは?

予防接種について

私達の身の回りには、細菌やウイルスによって引き起こされる様々な感染症があります。
こうした感染症の原因となる細菌やウイルスが作り出す毒素を弱めてワクチンをつくり、これを体に接種してその感染症に対する抵抗力(免疫)を付けることを「予防接種」と言います。

予防接種の上手な受け方

「予防接種」と聞くと、副反応が心配なかたもおられます。

しかし、予防接種の対象となる感染症は万が一かかってしまうと重症化したり、障害が残ることが心配されているものばかりです。現在、日本で使用しているワクチンは副反応が少ないものです。

体質は個人差があり副反応の出方は人それぞれです。接種にあたっては、かかりつけ医とよく相談し、十分に納得されたうえで予防接種を受けるようにしましょう。

当院は<横浜市予防接種協力医療機関>です

こどもの予防接種

下記一覧表をご参照ください。

  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • B型肝炎
  • 4種(2種)混合
  • BCG
  • 麻疹、風疹(MR)
  • 水痘
  • 日本脳炎

成人用肺炎球菌
(接種期間の制約がございます)

  • 65歳以上の方を対象におこなっております

高齢者インフルエンザ
(毎年10月以降~接種期間の制約がございます)

  • 横浜市内に在住、65歳以上の方対象におこなっております
  • 60歳以上65歳未満の方で心臓病、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能1級相当の障害のある方

横浜市風疹対策事業
(実施期間の制約がございます)

  • 19歳以上で昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までに生まれた男性を対象
  • 妊娠を希望されている女性
  • 妊娠を希望されている女性パートナー及び同居家族(婚姻関係は問わず)におこなっております

※麻疹風疹(MR)ワクチンまたは、風疹単独ワクチン2回以上ある方は対象外
※横浜市風疹対策事業のご利用は一度限り

予防接種の流れ

まずは当クリニックにお問い合わせください(TEL.045-532-3508)。
双方でご指定日時をご相談の上接種日を決めさせていただき、準備が整いましたらこちらから再度ご連絡をさせていただきたいと思います。

定期予防接種一覧表

予防接種 内容・接種をお勧めする
年齢・接種方法
接種対象年齢
ヒブ

初回:生後2か月~7か月未満の間に開始し生後12か月までに27日~56日の間隔で3回

追加:初回接種後、7か月~13か月の間に1回

生後2か月~60ヶ月(5歳)未満

小児用
肺炎球菌

初回:生後2か月~7か月未満の間に接種開始し生後12か月までに27日以上の感間隔で3回

追加:生後12か月~15か月の間に初回接種終了後60日以上の間隔で1回

生後2か月~60ヶ月(5歳)未満

B型肝炎

1回目、2回目:生後2か月、3か月27日以上の間隔で2回

3回目:1回目接種後、139日以上の間隔で1回(生後7か月~8か月)

生後1歳未満

4種混合
DPT-IPV

1期接種:生後3か月~12か月の間に20日~56日の間隔で3回

1期追加:初回接種終了後、12か月~18か月の間に1回

生後3か月~90ヶ月(7歳6か月未満)

BCG

生後5か月~8か月未満の間に1回

生後1歳未満

麻疹・風疹
MR

1期:生後12か月~24か月未満の間に1回

2期:5歳~7歳未満で小学校入学1年前の4月1日~入学する年の3月31日まで

1期:生後12か月~24か月未満

2期:5歳~7歳未満

水痘

初回:生後12か月~15か月未満の間に1回

追加:初回接種終了後、6~12か月の間に1回

生後12か月~36ヶ月未満

日本脳炎

1期初回:3歳中に6日~28日の間隔で2回

1期追加:4歳中に1回(初回接種終了後、おおむね1年後)

2期:9歳中に1回

1期:生後6か月~90ヶ月未満

2期:9歳~13歳未満

2種混合
DT

2期:11歳中に1回

11歳~13歳未満

pagetop