MENU

スポーツ整形外科

Sports orthopedics

SPORTS ORTHOPEDICSスポーツ整形外科

ARP療法

スポーツ整形外科ではスポーツによる怪我(スポーツ外傷)、使いすぎによるスポーツ障害の診断、ギプス固定や安静期間の設定し、安静が必要な筋肉以外のトレーニングなどを行います。老若男女・年齢を問わず、患者さんがより早い社会復帰・スポーツ復帰ができるよう、専門的な治療を行います。
当院の院長は、10年以上にわたりスポーツ医師、トップアスリートのチームドクターとして選手の治療に携わってまいりましたので、どうぞお気軽にご相談ください。

スポーツ外傷

スポーツ活動中の打撲や捻挫など外力によるけが,外傷をスポーツ外傷(スポーツ傷害)としています。スポーツ外傷には、打撲・捻挫、肉離れ・腱断裂、骨折・脱臼、靭帯損傷、疲労骨折などがあります。
現場での応急処置が必要なことが多く、トレーナーやスポーツ指導者の初期治療が必要となる場合が少なくありません。
当院は急性期・慢性期ともスポーツ外傷、障害の治療を行っております。

成長期のスポーツ障害

成長期にあるこどもは骨格や筋肉の状態が大人とまったく異なり、スポーツ障害を起こしやすいので、状況に応じて適切な治療やトレーニングの見直しが必要です。当院ではそのような指導も行っております。

pagetop